学園紹介

校長あいさつ

世界とつながり、新たな価値を創造できる自立した人材の育成

 皇居に臨む千代田区麹町の閑静な文教地区にたたずむ麹町学園は、1905(明治38)年に創設されました。教育目標に「聡明・端正」を掲げ、「知性」と「品性」を兼ね備え、「しなやかに、たくましく」自立した女性の育成をめざしています。

 本学園では、平成27年度から“VIVID Innovations
KOJIMACHI”という次代を見据えた構想を掲げ、高い英語力と多様な学力「みらい型学力」を身につけ、「多様化する社会に自信を持ってはばたき、そのステージで鮮やかな輝きを放つ女性」を育成する取り組みを行っています。今後、さらにグローバル化が進み、目まぐるしく変化していく社会において生徒たちがどのような分野に進むにしても、英語によるコミュニケーション能力は必要不可欠となっていきます。そこで、英語4技能を高める「アクティブイングリッシュ」をはじめ、キャリア教育「みらい科」や「グローバルプログラム」「思考型授業」を柱とした実践的学びを重視して、「みらい型学力」の結実へと導いています。

 そして、このたび東洋大学との「学校間教育連携協定」の締結が実現し、本連携により、高校1年生から大学4年生までの充実した7年一貫教育が実現します。『東洋大学グローバルコース』は、「高大連携」という継続・発展可能な教育スタイルのなかで大学受験にとらわれることなくキャンパスライフと学習の充実に努め、「世界とつながり、新たな価値を創造できる自立した人材」の育成を約束いたします。

 「日本一世界に近い学校・麹町学園」と「日本一みらいに近い学校・麹町学園」というモットーのもと、しなやかさと創造力を兼ね備え、グローバルに活躍できる、本物の国際人の育成をめざし、さらなるステージに進んでまいります。

麹町学園女子高等学校 校長

山本三郎

沿革

明治38年(1905)9月12日、大築佛郎麹町女学校を創立
明治41年(1908)麹町高等女学校となる
大正  9年(1920)校服制定(和服)
昭和22年(1947)新学制により麹町学園女子中学校設立
昭和23年(1948)新学制により麹町学園女子高等学校設立
平成13年(2001)新制服制定
平成15年(2003)新校舎竣工
平成17年(2005)創立100周年
平成18年(2006)相川忠洋第11代理事長就任
平成27年(2015)山本三郎第16代校長就任・創立110周年