進路・進学

進路・進学

麹町学園では、入学時から大学受験を意識したツールを多数用意し、生徒に提供しています。

これは、生徒の意識が校内に終始してしまいがちな中高一貫の弱点を払拭する狙いがあります。広い視野で、全国レベルでの自分の位置を意識し、レベルアップする意識を持てるようサポートします。

進路指導の視点

将来の方向性を、無理なく自然に見つけられるようにサポートします。

大切なのは、自分自身を見つめ、自分の力で将来の道を見いだすことです。麹町学園の進路指導では、まず「自分を見つめる」ことから始めます。自らを知ることで、自分自身の長所・短所を見極め、自分の適性というものを把握していきます。その上で、社会の仕組みを理解し、世の中にどのような職業や仕事があるかを知ることで、自らの将来の方向性を見つけられるよう指導します。生徒は将来イメージをつかむことで、それを実現するために、どういう大学・学部に進めばいいのかを理解し、目標を設定するようになります。さらに、具体的な情報や大学の実際を知るための機会として、ガイダンスや大学進学フェア等を開催しています。生徒は中学の早い段階からそれらに参加することで、将来の進路を具体的にイメージしながら、無理なく自然に目標を絞り込んでいくことができます。

進学準備プログラム

自らの将来を見据え、確かな未来をつかむために

いつの時代にも「才能を開花させている人間」と「努力をする人間」は社会から求められ続け、豊かな人生を歩んでいます。自分なりの明確な目標を持ち、それに一歩でも近づこうと努力することが大切です。
 人生の大きな岐路ともなる中学校・高校時代に、努力することの大切さを教え、生徒が考えた目標をより高いレベルで実現できるようサポートすることが教員の重要な役割と考えています。
麹町学園では、「自分探し」に重点を置き、自らの人生の進むべき方向をつかむために、「みらい科」という独自の教育プログラムを導入しています。
生徒一人ひとりが自主的に将来の道を切り拓くことができるよう、進学情報はもちろん、社会と仕事の関わりなど、さまざまな情報・知識を提供しながら、自分自身の未来についてじっくり考えていきます。
 自分を知り、社会のことを知り、仕事や職業について学び、自分の将来像を考えた上で、具体的な進路目標を定めるというステップを踏んでいくことで、未来をつかむ確かな力を身につけていきます。

模擬試験

模擬試験で、実力をつける

模擬試験は現在の実力を知るための重要なツールです。早期から志望校合格に向けて教科ごとに徹底分析をし、さらに学年の教員が中心となり志望校検討会を行うなど、合格に向けての道のりを明確にします。

豊富な講習・講座

豊富な講習・講座は、受験を意識したツール

GMARCH以上の大学合格を意識した内容の受験講習、高校3年生対象の土曜講習などで、一般受験で難関大学に合格できる実践力を磨きます。

講習例

  • 夏期講習(全学年)
  • 春期講習(全学年)
  • 受験講習(高校全学年)
  • 予備校受験講習(高2・3)

進路ガイダンス・面談

進路を知る、目標を定める

麹町学園では、自らの進路目標を定めるために、高1より、各学年において学年別に保護者対象・生徒対象の進路ガイダンスを行っています。例えば、卒業生による進路ガイダンスでは卒業生たちがどのように進路を決定し、実現してきたかを直に聞くことで、さまざまな可能性・将来の目標を見つけることの手助けとなります。

大学進学フェア

大学進学フェア(麹町学園限定)

受験に向けた意識を高め、大学を知るための機会として、学内において、中高全校の生徒・保護者を対象とした有名大学の進学フェアを開催しています。三者面談の日に併せて、80校以上の大学を招いて行われるこのフェアは、自らが希望する大学の担当者から直接情報を集め、それをもとに具体的な目標として大学をイメージするための絶好の機会となっています。

大学進学フェア参加大学(例)

  • 青山学院大学
  • 亜細亜大学
  • 学習院女子大学
  • 國學院大学
  • 国士舘大学
  • 駒澤大学
  • 成蹊大学
  • 成城大学
  • 聖心女子大学
  • 清泉女子大学
  • 専修大学
  • 大東文化大学
  • 中央大学
  • 帝京大学
  • 東京女子大学
  • 東邦大学
  • 東洋大学
  • 東洋英和女学院大学
  • 日本大学
  • 日本女子大学
  • フェリス女学院大学
  • 法政大学
  • 武蔵大学
  • 明治大学
  • 明治学院大学
  • …ほか

進学実績

4年制大学進学志望者が増えています

4年制大学進学志望者が増え、これに比例するように現役大学進学率も増加しています。
根強い人気を誇る大学は質の高い研究を行い、社会に有用な人材を多数輩出することによって、その威信を保ち続けています。
世間一般の大学進学率が上昇し、大学への進学が一般化したとしても、高い研究実績のある大学に進み、そこで研鑽を積むことの意義が大きく揺らぐことはないものと考えています。